• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

成果及び活動 学会発表

2010年5月21日

2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius Dunni
(AKIYAMA Shigeharu)

2016年8月17日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Poster Presentation
The Impact of the the Red-eared slider, Trachemys scripta elegans, on Native Turtle Species in Japan
(AKIYAMA Shigeharu)

2016年1月10日 日本生物教育学会第100回全国大会(東京理科大学)
「授業における有尾類の活用」(秋山繁治)

2015年11月22日 日本生物教育会中四国ブロック・次期学習指導要領への提言に向けたシンポジウム
「女子生徒の理系進学支援の基盤を作る生命科学コースの開発」(秋山繁治)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Oral presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders Hynobius Dunni
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation
Development of Techniques for Cloning Amphibians by Nuclear Transplantation
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation Best Poster Award
Forest diversity and CO2 absorption
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation Best Poster Award
The Impact of the the Red-eared slider, Trachemys scripta elegans, on Native Turtle Species in Japan
(AKIYAMA Shigeharu)

2014年1月12日 日本生物教育学会第96回全国大会(筑波大学)
「森林実習を組み込んだ学校設定科目"自然探究I"の実践」(秋山繁治)

2013年12月1日 第15回両生類自然史フォーラム(岐阜大学サテライトキャンパス)
「オオイタサンショウウオの飼育下の繁殖方法の確立を目指して」(秋山繁治)

2013年11月2日 日本爬虫両棲類学会 第52回大会(東海大学札幌キャンパス)
「オオイタサンショウウオの卵から育てた個体での繁殖 」(秋山繁治)

2013年1月13日 日本生物教育学会第94回全国大会(広島大学)
「SSH事業として取り組んだ女子生徒の理系進学支援プログラムの実践(第1期5年間)」(秋山繁治)

2011年8月18日 日本生物教育学会第93回全国大会(北海道教育大学)p12
「アカハライモリの生殖についての研究(アカハライモリの秋の配偶行動の謎を解明する)」(秋山繁治)

2010年10月10日 日本爬虫両棲類学会第49回大会(慶応義塾大学)
「アカハライモリの秋から春をまたぐ多重交配について (両季節の精子が受精に利用されている遺伝学的証拠)」(秋山繁治、小泉雄紀・三浦郁夫(広島大学大学院理学研究科・両生類研究施設)

2008年9月5日 日本動物学会第79回大会(福岡大学)
「オオイタサンショウウオの人工繁殖」(秋山繁治)

2007年11月17日 日本爬虫両棲類学会第46回大会(琉球大学)
「マイクロチップを使ったアカハライモリの水田付近での移動の追跡の試み」 (秋山繁治)

2007年8月2日 全国性教育研究団体連絡協議会・第37回全国性教育研究大会要項(新潟市).p66-69.
「高等学校での実践と今日的な課題("総合的な学習の時間"授業を展開して見えてきたもの)」 (秋山繁治)

2007年5月25日 日本科学教育学会中国支部研究集会(岡山理科大学)
「女子の理系進学を支援するSSHの取り組み」 (秋山繁治)

2006年10月22日 日本爬虫両棲類学会第45回大会(広島大学)
「飼育下におけるオオイタサンショウウオの繁殖」 (秋山繁治)

2004年8月8日全国性教育研究団体連絡協議会・第32回全国性教育研究大会要項(山口市).p60-61.
「学校改革のプロジェクトによって生まれた「発展科目」での性教育実践」 (秋山繁治)

2002年8月8日全国性教育研究団体連絡協議会・第32回全国性教育研究大会要項(札幌市).p60-61.
「学校改革のプロジェクトによって生まれた「発展科目」での性教育実践」 (秋山繁治)

2002年8月3日 日本生物教育会第57回全国大会(北海道大会)
「アカハライモリの貯精嚢及び生殖腺の季節変化」 (秋山繁治)

2001年11月11日 日本爬虫両棲類学会第40回大会(新潟大学)
「アカハライモリの貯精嚢中の精子の年変化」 (秋山繁治・岩尾康宏)

2001年8月8日 岡山県性教育協議会・第16回岡山県性教育研究大会要項(総社市).p25-31.
シンポジウム企画「性を考える(同性愛の視点から)」 (秋山繁治)

1999年8月5日 全国性教育研究団体連絡協議会・第29回全国性教育研究大会要項(熊本市).p40-43.
「パソコンを使った『国際情報』と発展科目『生命』の授業実践・情報収集活動を取り入れた性教育の総合的な学習」 (秋山繁治)

1999年8月27日 岡山県性教育協議会・第14回岡山県性教育研究大会要項(総社市).p33-36.
「パソコンを使った『国際情報』と発展科目『生命』の授業実践」 (秋山繁治)

1998年11月14日 日本爬虫両棲類学会第37回大会
「大分県野津町のオオイタサンショウウオの産卵調査」 (秋山繁治)

1997年6月19日 日本私学教育研究所・全国私立中学校高等学校研修会(名古屋ガーデンパレス)
「生徒とのかかわりをつくる性教育を求めて」 (秋山繁治)

1996年2月5日 日本性教育協会・実践のための性教育セミナー(中国四国ブロック)(岡山市)
「わが校の性教育当面する課題と実践」(秋山繁治)

1996年8月20日 第11回性教育研究大会要項(岡山県性教育協議会)要項p42-52
「課題文による実習」(秋山繁治)

1996年8月6日 日本生物教育会第51回全国大会(佐賀大会).p46-47.
「アカハライモリの教材化について」(秋山繁治)

1996年3月 兵庫陸水研究会・第15回例会
「アカハライモリの発生実験について」(秋山繁治)

1995年11月3日 日本爬虫両棲類学会34回大会
「飼育下でのカスミサンショウウオの繁殖」 (秋山繁治)

1995年8月8日 第10回岡山県性教育研究大会(岡山県性教育協議会)要項p5-9
「学校の性教育はどこに向かっていくのか。」 (秋山繁治)

1995年8月19日 香川県性教育協議会・第1回中国・四国・九州ブロック性教育研究会香川大会要項(善通寺市)
「高等学校の性教育の実践と課題・日常的な教育活動の延長としての実践」 (秋山繁治)

1995年8月2日 日本生物教育会第50回全国大会(千葉大会).p32-33.
「カスミサンショウウオの教材化について」 (秋山繁治)

1995年3月 兵庫陸水研究会・第14回例会(姫路市)
「岡山県のカスミサンショウウオについて」 (秋山繁治)

1993年8月4日 第23回全国性教育研究団体連絡協議会・第23回全国性教育研究大会要項(岡山市).p48-49.
「高等学校での性教育の実践とその課題・HRと教科での指導」 (秋山繁治)

1986年8月26日 日本性教育学会・第17回全国大会要項(岡山市).p39-40.
「高等学校での性教育の実践と問題点・ホームルーム担任として」 (秋山繁治)

  • 投稿者 admin : 09:40

最近の記事

no image
以下が、昨年度、起案した私(教養教職センター・理科教育研究室 秋山繁治)が考える教学改革です。 1 事業課題   地域創生に資する高大連携の科学教育のネットワークの構築 Structuring the university-high school science education cooperative network for the regional revitalization 2 提案の概…続きを見る
no image
「生命科学コース」の開設からの学校改革を目指した背景に、卒業生が勤めていた鷗友学園の取り組みがある。その取り組みが『中央公論』の記事に紹介されていた(卒業生が、鷗友学園の実験書などの資料ととも記事を送ってくれた)。 (駐大生公論)教育改革現場ルポ--鴎友学園はなぜ立ち上がったか 中井 浩一 p96-99引用  私学においては建学の理念こそが問われている、とはよく言われることである。しかしそれは私学…続きを見る
一人の人間が、調和のとれた状態を常に保ちつつ、成長できるものであろうか。
湯川秀樹『旅人(湯川秀樹自伝)』角川文庫p150-151より引用  一人の人間が、調和のとれた状態を常に保ちつつ、成長できるものであろうか。いつの時代でも、あとから見ると、大きなアンバランスがあったと判定され得るのではないか。  第二次世界大戦後、日本の経済状態が険悪になり、幼児の中にさえ、世間の荒波をまともにかぶらねばならなかった者が少なくなかった。少年が、青年が、社会的関心を抱くようになったの…続きを見る
no image
2006年度から環境学習の一環として立ち上げたボルネオ研修。文部科学省SSH指定校であるノートルダム清心学園で、学校設定科目「自然探究A」として実施してきました。マレーシア国サバ大学と連携したプログラムで、継続して実施してくれる学校を探していましたが、2019年度から県立岐阜高校が学校設定科目として実施してくれることになりました。僕の企画から離れていくことで新しい魅力が加味されると信じています。マ…続きを見る
no image
飛鳥新社『くじけないで』柴田トヨ から 風が耳元で 「もうそろそろ あの世に 行きましょう」 なんて 猫撫で声で 誘うのよ だから 私 すぐに返事したの 「あと少し こっちに居るわ やり残した 事があるから」 風は 困った顔をして すーっと帰って行った 『くじけないで』の初版は2011年3月。単身赴任先から正月に家に帰って、自室の本棚から久しぶりに手にとった。 ネットで調べたら、2013年1月20…続きを見る

このページの先頭へ